スポンサードリンク

2012年02月07日

バス旅行でボランティア

バスツアー東日本大震災の被災地を訪れることで、
被災地の経済支援と復興のお役に立てれば・・・

被災者自ら被災地を案内することで
震災の風化を防ぎ復興の支援にもなる。

震災前からある観光ボランティア団体「汐風」などが中心となり
岩手県・宮城県の各地にバス旅行ツアーの団体に被災地を
案内しているようです。


地元には「被災地を見世物にするな」という意見もあるようですが、
忘れ去られてしまっては復興そのものができない・・・と前向きに捕らえることで、
各地で拡大傾向にあるようです。

ケッパレ東北みちのくさくら紀行でもバスツアーを企画しているようですから、
参考になるかもしれません。


一日も、はやい復興を願わずにはいられません。




posted by スー at 00:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | バス旅行・バスツアー

2011年03月13日

バスツアーでいちご狩り+

バスツアーでいちご狩りを楽しむのも、この時期ならではですね。

今年の注目の“日帰りバスツアー”は、使い慣れた“安・近・短”プラスアルファ!


マザー牧場や千倉・白間津お花畑でお花摘みを楽しんだ後、
いちご狩り、そして夕食はお寿司の食べ放題なんてバス旅行もありますし、

本州一早咲きの桜が見られる「河津桜まつり・雛のつるし飾りまつり&いちご狩り食べ放題」(5480円〜)

人気のアウトレットでお買い物「世界遺産 日光散策・いちご狩りと佐野プレミアム・アウトレット」(4480円〜)


ガソリン高騰の折、高速代も含め入園料等を考慮しても、かなりお得な筈です。

カップルやファミリー、老若男女を問わず楽しめて、しかも健康にいい!

ビタミンCを多く含み、人の免疫力を強め、ウイルスに対する抵抗力を大きくしてくれます。
女子会でみんなでワイワイバス旅行なんていうのも有りですよね。
posted by スー at 18:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日帰りバス旅行

2009年10月05日

バス旅行は秋の装い

バス旅行に最適なシーズンを迎えますね、
紅葉には少し早いのかも知れませんが
こんな時こそ格安でのんびりとバスツアーを楽しむのも
手かも知れませんね・・・・


何故なら!
どこの旅行業者や旅館ホテルでもお値打ちな料金設定をして
稼働率を上げようとするからです。


そこで、この時期の朗報として
来る10月10日テレ愛知でご案内する番組が
見逃せないかもしれません・・・


19時からの『土スペ』
「秋満喫・激安パックツアーで行くお得旅」



豪華お土産つきのバス旅行や温泉宿泊格安ツアーなど
今これからならではの、お得な情報が用意されているからです。


例えば、房総バスツアー6,980円
北海道=羽田発1泊2食22,000円など



見ておく価値はありそうですぞ!!
タグ:バス 旅行 温泉
posted by スー at 12:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | バス旅行・バスツアー

2008年04月21日

バス旅行+電車

バス旅行でゴールデンウィークに移動するのは気が引ける、渋滞がどうみても避けられないのではないか・・・そんな風に考える方も多いのではないでしょうか?

時間的に余裕があれば連休を少しずらす事で、以外に割安ツアーを見つけ出せる事もしばしばです。

そこで、バスツアーでありながら電車とコラボが楽しめる、そんなバス旅行も見つけました。
 例えば>>>


梅田(7:30)=難波=<阪神・阪和道>=和歌山電鉄・和歌山駅♯♯《いちご電車・約30分》♯♯貴志駅=道成寺(昼食・紀州桜鯛御膳)=御坊(いちご狩り食べ放題)=和歌山マリーナシティ・黒潮市場でお買い物=<阪和道・阪神>=難波=梅田(19:00頃)

料金6,980円〜7,980円 
2008年4月26・27・29日〜5月8・10日


この企画もお昼の食事+いちご狩りも魅力ですが、もう一つのお楽しみが駅長「たま」。和歌山電鉄の貴志駅の駅長が雌の三毛猫「たま」なんです。

2007年1月5日に正式な辞令を交付されたことで話題を呼びましたよね、その後も任期・休日は無く「客引き」に専念している様子で、就任1周年の2008年1月5日をもって駅長から「スーパー駅長」(課長職相当)に昇進したとされています。

また、同年4月20日には閉鎖された券売窓口跡を利用して「駅長室」が設置されたそうですから、その仕事ぶりを目にするのもこのバス旅行の
なごみとするところではないのでしょうか。
posted by スー at 20:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日帰りバス旅行

2008年04月07日

バス旅行ならではのツアー

4月になれば、どうしても行きたくなる観光地の一つに黒部・立山アルペンルートがあります。今年のオープンは4月10日(木)からの部分開通(電鉄富山駅〜弥陀ヶ原間、信濃大町〜室堂間)で幕開けし、全線開通は4月17日(木)となるそうです。

見所は沢山ありますので、できれば日にちをかけて遊覧したいものですが、なんと言っても見逃せないのが春から初夏にかけての「雪の回廊」。

北アルプス立山をトンネルバスで、美女平を高原バスで、自然が織り成す高さ15m程にもおよぶ雪の壁が圧巻で、訪れる人々の心を鷲摑みにする事でしょう。

そして日本最大のアーチ式ドーム型の黒部ダムも、残雪を頂く立山連峰と調和して、尚一層威厳を持った佇まいを見せてくれる事でしょう。
高さ186m、堤492m、総貯水量2億t。眼下に満々とエメラルドグリーンの水をたたえたダム湖を遊覧船で一巡するのも、その雄大さを体感するのには見逃せません。


花と高原の美しい景観が楽しみながら、運がよければ国の特別天然記念物ライチョウを見られるかも知れません。ライチョウは氷河期からの遺存動物と言われ、ここ立山には約250羽が生息ているそうです。


自家用車が立ち入る事の出来ないツアーだからこそ、ゴールデンウイークには考慮したいバス旅行の一つではないでしょうか。
posted by スー at 18:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | バス旅行・バスツアー

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。