スポンサードリンク

2008年03月26日

バス旅行「桜号」出発

バス旅行は、この時期少々のお酒が入ってもツアーが楽しめるメリットがありますね、「下戸には関係ない」って?でも花見を愛でつつもお仲間で連れ添って気軽に楽しめるのが魅力ですよね。

長野県「高遠城址公園」を染める1,500本ものタカトオコヒガンザクラも見逃せませんね。ピンク色の小さな花びらが特徴でなかなか珍しい品種なんですよ。満開も見逃せませんが散り際の花吹雪も壮麗です。


そして東北福島県には日本三大桜の一つといわれている「三春の滝桜」は日本で最初の天然記念物と謳われています。
その桜枝を広げた壮姿は、まさに薄紅色の滝が流れ落ちるかのようで目に焼き付きます。


いかがです?週末にでもこの陽気に誘われて、バス旅行にでも出かけられてみては・・・そんな季節になりましたね。
posted by スー at 19:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | バス旅行・バスツアー

2008年03月15日

バス旅行でディスカバー・ジャパン

バスツアーでは桜の名所や大自然が微笑む風情が楽しめる桜旅が最盛期を迎えます、やはり人気のバス旅行ツアーほど席は早目に満杯になって行きます。

近畿地方では京都最古の公園「円山公園」には約850本の桜が薄桜色の花びらが歓迎してくれます。そして公園中央の「一重白彼岸枝垂桜」と呼ばれる桜が有名です。

また日本で最初に世界文化遺産に登録された姫路城(兵庫県)ここも桜に映える白壁の城は、その別名が示す白鷺城を表現するに相応しく、今にも桜色園から飛び立とうとする白鷺のような華麗な城姿を演出してくれます。


東海地方には岐阜県根尾に老木ではありますが、幾多の枯死の危機を乗り越えながらも日本三大桜の一つとして、今尚全国の人々に愛されている「薄墨桜」があります。

1500年もの歴史がありますが満開になれば白色、散り際には淡い墨色となり見ごろは4月に入ってからとなりそうです。

格安なバスツアーを探し出しこの時期ならではの「日本人」を堪能したいものです。
posted by スー at 23:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | バス旅行・バスツアー

2008年03月07日

バス旅行も「桜咲く」

バス旅行で3月からの見所となるのは、全国各地の桜の名所でしょう。

その桜前線は九州から北上するとして、先ずは仙巌園<せんがんえん>(鹿児島県)は見逃せません、日本の近代文化発祥の地とされ、桜島を望む借景庭園には7種1,000本の桜が時期をずらしながら4月下旬まで楽しめると言われます。

バスツアーでは見逃せない景勝地です。


また熊本県にも日本三名城のひとつ熊本城があります、この城内にもソメイヨシノをはじめ山桜、肥後桜など約800本の桜を見る事ができ例年3月下旬がら見ごろを迎えるとのことです。

そして中国地方には山口県岩国市に日本三名橋のひとつ錦帯橋があります、日本を代表する木造五連のアーチ橋です有名ですが、ここも古くからの桜の名所で、ソメイヨシノなど約3000本が咲き、この時期是非とも立寄りたい景色となりましょう。


そして古都京都・・・どうやら忙しくなりそうですね、みなさん。ガソリン高騰の折、賢く格安バスツアーを探してバス旅行を楽しみましょうね。
posted by スー at 19:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | バス旅行・バスツアー

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。