スポンサードリンク

2007年09月18日

バス旅行は食の秋

バス旅行もグルメ・ツアーが目に付くようになってきましたね。夕方には空気もひんやり、虫の音が騒がしく「食べちゃ如何と・・・♪」鳴いているようにも聞こえます。

ここらで夏の疲れを癒し、年末まで一頑張りするには丁度いい頃合い。近場で飲んで美味しいものでも食べて、お湯に浸かって、お腹も心も身体もリフレッシュ!9月末と10月上旬には、もしかして連休・・・有意義に利用しましょexclamation
そんな格安バスツアーの一例です。



旬の鯛づくし会席と秋の南房総満喫紀行

@くつろぎのリゾートホテル・富浦ロイヤルホテルにご宿泊。ご夕食は旬の鯛尽くし会席です。
A秋のマザー牧場にご案内。約50万本のサルビアは、関東最大規模です。9月は黄花コスモス、10月はコスモスも咲き誇ります。
B秋の味覚!さんまのつかみ取り体験。また、さざえのつぼ焼きの試食もどうぞ。
C名物、ビワソフトご賞味。
D東京湾アクアラインを通って房総半島へ。
帰りは東京湾を東京湾フェリーで渡ります。

バス旅行スケジュール
1日目
名古屋駅(7:20集合/7:40出発)千種(7:55頃)星ヶ丘(8:10頃)
<東京湾アクアライン・○海ほたる>◎マザー牧場(サルビアやコスモスが咲き誇ります) 富浦

宿泊:南房総富浦ロイヤルホテル

2日目  富浦
○野島崎灯台(房総半島最南端)◎千倉(さんまのつかみ取り、さざえのつぼ焼き試食)
○枇杷倶楽部(びわソフトご賞味)金谷港(OP昼食)《東京湾フェリー》久里浜港
星ヶ丘(19:30頃)千種(19:45頃)名古屋駅(20:00頃着)

ツアー内容・条件など
■日数 1泊2日
■旅行条件 最少催行人数:20人
添乗員:あり
現地係員:なし
朝食:1回/昼食:0回/夕食:1回
■出発地 愛知 



1泊5食!北陸うまいものめぐり・兼六園・東尋坊

●カニ1杯・カニすき鍋・カニ釜飯などの夕食
●海鮮弁当の昼食
●あられ●加賀銘菓3点セット
●ひとくちカニシューマイ●名物・羽二重餅
●福井名物膳の昼食●ミニ蒲鉾付き
●あんころ餅●ミニ鯖寿司の軽夕食

バス旅行スケジュール
1日目         
横浜西口町田-----7:15発【関越・上信越・北陸】
兼六園【散策90分】 15:00頃 
山代温泉   17:30頃

宿泊:山中プリンスホテル

2日目
山代温泉東尋坊【散策30分】羽二重餅【買い物20分】
永平寺門前【昼食/OP参拝120〜140分】九谷焼窯元【買物30分】
町田---横浜 【北陸・名神・東名】
21:50予定

ツアー内容・条件など
■日数 1泊2日
■旅行条件 最少催行人数:25人
添乗員:添乗員同行致します
現地係員:なし
朝食:1回/昼食:2回/夕食:2回
■出発地 神奈川県横浜市・川崎市 



飛騨路10のグルメ付き

@極上!飛騨牛食べ放題の夕食(制限時間60分)
Aおにぎりの朝食(1日目)
B幕の内弁当の昼食(1日目)
C地元老舗店春の銘菓1個
D五平餅1本
E名物!朴葉寿司弁当の夕食
F朴葉味噌付きバイキングの朝食(2日目/60分)
G地元名産!竹原湯豆腐の昼食(2日目)
Hミニ飛騨ラーメンご賞味(2日目)
I飛騨路特製チョコ1枚。
@〜Gは旅行代金に含まれます

【飛騨牛とは】岐阜県内で14カ月以上飼育された黒毛和種で、
日本食肉格付協会が実施する枝肉格付で肉質等級A・Bで5〜3等級のものとされています。

バス旅行スケジュール
1日目
7:00 姫路明石三
宮郡上八幡(郡上踊りで有名な水の都) 白川郷(世界文化遺産の集落) 飛騨高山まつりの森(豪華絢爛な高山の祭屋台を観賞/夕食は飛騨牛
を存分にお楽しみ)飛騨高山・ひだホテルプラザ(泊)
※展望大浴場・露天風呂など多彩なお風呂をお楽しみ

ひだホテルプラザ

2日目
飛騨高山(ゆっくり9:00出発/ホテルは高山市街地にありますので、ご自由に朝市や小京都
の町並みをお楽しみ)板蔵らーめん下呂温泉街(足湯などをお楽しみ)舞台峠
妻籠宿(中山道を代表する宿場町)馬籠宿(世界遺産登録を目指す宿場町)中津川
各地 20:00〜21:30予定

ツアー内容・条件など
■日数 1泊2日
■旅行条件 最少催行人数:28人
添乗員:あり
現地係員:なし
朝食:2回/昼食:2回/夕食:2回
■出発地 兵庫 




posted by スー at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(1) | 宿泊バス旅行
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

沖縄文化論―忘れられた日本 (中公文庫)
Excerpt: 大方の日本人にとって、沖縄は単に海がきれいで果物がおいしい南国の島か。それとも、日本の負の歴史を背負い占領に苦しむ、かわいそうな島なのか。岡本太郎は、前者の無責任で能天気なだけの沖縄に対する意識ではな..
Weblog: 旅行への思い
Tracked: 2007-09-26 05:02
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。