スポンサードリンク

2008年01月28日

バス旅行歳時記体験ツアー

バス旅行で節分祭を楽しまれてはいかがでしょうか?節分とは季節の分かれ目の事を言い(立春・立夏・立秋・立冬)それぞれの前日を示すそうなんですね。

特に冬から春になる1年の境いとして考えられるこの時期は、お正月の次の歳時記として古来よりあちらこちらの神社や寺で節分の行事が行われるようです。

その一つで一度は体験しておきたいのが京都、京都は芸舞妓が来て豆まきをする華やかな神社もあります。

一説によると節分に、邪気悪霊の鬼を追い払う事の始まりは、文献にも越されていますが、京都洛北にある深泥池の鬼退治からと言われています。

そして、花街のおばけも京都の風物詩として大変有名です。
2月3日の夜には芸舞妓達が仮装をし、
それぞれのお座敷などにあがるという風習で、
江戸時代ぐらいから大阪や京都で、
一般の家庭でも行われていたそうなんですね。
昭和中頃ぐらいまでは、行われていたみたいですよ。 

そんなバス旅行の一例です。



壬生寺(みぶでら)節分祭と静寂包む京都御所 
開催日:2月2日(土)・3日(日)

時間:2時間10分
バスツアー代金:おとな 4,500円 こども 4,000円

名駅 ==(名古屋高速・名神高速)==京都東IC ―― 西本願寺(スタート)……島原大門……壬生寺(節分祭)……頂法寺(六角堂)……京都文化博物館……行願寺(革堂)……京都御所駐車場(ゴール)――京都東IC ==(名神高速・名古屋高速)== 名駅(17:30〜18:30頃)

みどころ
京都で唯一幕府公認の花街・島原や節分祭で賑わう壬生寺など新撰組ゆかりの地を歩きます。
posted by スー at 10:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | バス旅行・バスツアー
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/81036646

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。