スポンサードリンク

2008年03月15日

バス旅行でディスカバー・ジャパン

バスツアーでは桜の名所や大自然が微笑む風情が楽しめる桜旅が最盛期を迎えます、やはり人気のバス旅行ツアーほど席は早目に満杯になって行きます。

近畿地方では京都最古の公園「円山公園」には約850本の桜が薄桜色の花びらが歓迎してくれます。そして公園中央の「一重白彼岸枝垂桜」と呼ばれる桜が有名です。

また日本で最初に世界文化遺産に登録された姫路城(兵庫県)ここも桜に映える白壁の城は、その別名が示す白鷺城を表現するに相応しく、今にも桜色園から飛び立とうとする白鷺のような華麗な城姿を演出してくれます。


東海地方には岐阜県根尾に老木ではありますが、幾多の枯死の危機を乗り越えながらも日本三大桜の一つとして、今尚全国の人々に愛されている「薄墨桜」があります。

1500年もの歴史がありますが満開になれば白色、散り際には淡い墨色となり見ごろは4月に入ってからとなりそうです。

格安なバスツアーを探し出しこの時期ならではの「日本人」を堪能したいものです。
posted by スー at 23:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | バス旅行・バスツアー
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。